top of page

和装で撮るなら、白無垢と色打掛どっち?




日本人ならやっぱり、和装撮影はかかせないですよね。

「どちらも諦めきれない!」という方は、

前撮りは和装スタイル、フォトウェディングでは洋装と和装1点ずつ

叶えるのもおすすめです!


ここでまた悩んでしまうのが、「白無垢」と「色打掛」のどちらにするかということです。

今回は、それぞれの魅力と選び方のポイントについてご紹介していきます。


  • 和装での、白無垢と色打掛の選び方とは??



「白無垢」は、直感!!!

なぜかというと、白無垢と言っても真っ白なものから生成りがかったものまで、色味の違いがあるためです。

写真で撮った時にはほとんどわからない程度の色味の違いなので、

白無垢を選ぶときは羽織ってみた時の直感を信じて選んでみましょう! 細かな部分で、刺繍や裏地、縁取りなどの違いはありますが、

パッとみて大きなデザインが変わるものはありません。





「色打掛」は顔うつりを重視!!!

なぜかというと、色打掛は色や柄によってかなり印象が変わってくるからです。

王道は赤ですが、爽やかな雰囲気なら青地、華やかにしたいなら金地など

好きなイメージによってカラーを選んでみるのが◎





迷ったときは、お顔写りのいいものを選ぶのがポイントです。

和装は、洋装とは印象が異なります。

普段、赤い服を着ない方でも赤地が似合うことはありますし、その逆も然りです。


まずは、気に入った色や柄があれば羽織ってみましょう!

できれば、旦那様やスタッフの方など第三者にみてもらい、

判断してもらうのも良いかと思います。


  • 「白無垢」と「色打掛」はどっちを着る?

上品でおしとやかな印象になる「白無垢」。


一方、カラフルな色合いが華やかで、キュートな印象にも

大人っぽい雰囲気にもなることができる「色打掛」。


どちらも魅力がたくさんあります。

どちらか片方を選ぶ場合には、前撮りやフォトウェディングを行う場所や背景を考えるというのも1つの方法です!




背景がシンプルな、大人っぽい雰囲気の場合は白無垢の洗練された雰囲気が似合いますし、バックが華やかで、鮮やかな場合には色打掛が映えます。

より古風に日本らしく装いたいという方は白無垢を。

華やかさと明るい雰囲気が欲しいという方は色打掛など、

自分が理想とするイメージを膨らませて決めるのもオススメですね。

着物に身を包むと背筋がスッと真っ直ぐに伸び、どこか特別な気持ちになるもの。 人生での中でも1番の大イベントとなる結婚という機会に

日本人ならではの和装スタイルで臨むのはとても素敵です


日本人の女性をより美しく見せてくれる着物で、

思い出に残る素敵な1枚をおさめましょう。

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page